メルマガ以上で、ライトで新しいブログサービスそれが note かな?

f:id:miyakawa244:20180326125636j:plain

季節が冬から春になってきました。

地味にまだ寒い日が続きますが、金沢の桜開花予想は3月30日になったみたいです。

3月30日は子どもたちは春休み真っただ中ですね。
会社員には関係ないけど(笑)
春休みになったら、家族を連れてどこかに遊びに行こうと思っていますが、花見は近場でサクッと済ませるほうが楽かもしれないな、と今年は考えています。

さて、昨日唐突に再開したブログですが、お休みしていた間、いろいろありました。
北陸を襲った大雪だとか、モンスターハンターワールドが解禁されたり、春になって自転車の洗車したりとか、アカデミー賞受賞のシェイプ・オブ・ウォーター見てきたりなど。
また、こちらのブログ更新を止めて note を暫く使っていました。

 noteというサービス

note というサービスで記事を書くと購読料を設定できるんですよね。
記事単体での販売と、月額購読料という設定での記事の販売もできます。
もちろん、無料で記事を公開することができます。
ブログと言えばブログ何だろうけど、とてもライトなブログのイメージです。

僕の note の第一印象はメールマガジンのプラットフォームの進化系に感じました。

購読という言葉からの影響かもしれないけど、メルマガは購読しないと記事が届かないし、有料メルマガとかもありますしね。
でも、メルマガでは実現できない、写真やTwitter、YouTube とかの埋め込みもできるし、アプリを通じたプッシュ通知ってメルマガではなかなかできないですよね(最近のメルマガはアプリがあるのかな?)。

note アプリがあるので、フォローしている人の情報更新があったり、自分の記事にコメントなどが付けば、通知がアプリイ届くのですごく便利です。

 フォロワーが多いほうがいいですよね

note はたくさんのライターがいて、元々Twitter,ブログを運営していてファンを大勢抱えている(フォロワーが多い)人がライティングした記事を公開する場所なんだなぁ、と感じています。
かと言ってライターさん自身も他人の note をフォローできるので、利用者みんながライターにもなれるし、購読者にもなれるフラットなプラットフォームです。

僕みたいな無名なライターが始めるには敷居が高いかもしれないけど、「有料で記事を公開する」という意識で記事を書くことを意識させられるのでプロのライターを目指す人にとってはとても有益なところだと思いました。

僕はどうするかっていうと、note で情報収集が当分の間の目的です。

「ライターになろう」という意識が高いわけでもないし、Twitter のアカウントも超個人的なアカウントになっているので note 運営に向いていないんですよw

もう少し、Twitter アカウントの人格を定め直して、フォロワーを意識した Twitter の使い方をできれば note 続けてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です