スクエニ新作RPG『オクトパストラベラー』switch版!古くて新しいニューRPGでした

スクエニ新作RPG『オクトパストラベラー』switch版!古くて新しいニューRPGでした

オクトパストラベラーこんにちは宮川(@miyakawa2449)です。

今日はゲームブログとしてスクエニ新作RPG「オクトパストラベラー」を紹介したいと思います。

発売日が明日の7月13日(金)ということですが、無料体験版が既に「Nintendo eShop」で公開されており3時間までプレイできます。

明日には購入できますが、数時間でも早くプレイを始めたい人は無料体験版をダウンロードされるといいでしょう。
なぜなら、体験版で遊んだセーブデータは製品版を購入すると引き継ぎできるんです。

体験版の説明画面
体験版を始める最初の説明画面

これは遊んでみる価値大ですね。

第1章以内のストーリーであれば3時間以内で遊べるので世界を回ってもう1人ぐらいは仲間を見つけるところまでは遊べると思います。

スクエニのRPGというと、「ドラクエ」「ファイナルファンタジー」「ニア・オートマター」などを思い浮かべますが、今回は完全新作ということで期待が大きいですよね。

オクトパストラベラー(OCTOPATH TRAVELER)というゲームについて

オクトパスって「蛸(タコ)」っぽい名前ですが、ここでは「8人の道」という意味があると開発者インタビュー記事で紹介されていました。

オクトパストラベラーとは8人の冒険者が出てくるので、8人の人生の旅路というところでしょうか。

ゲームをスタートするとワールドマップ上から剣士、踊り子、薬師、盗賊など、プレイヤーは8人の主人公の中から1人を選んでプレイを開始することができます。

主人公選択画面
ワールドマップ。主人公選択画面。

どの主人公からゲームをスタートしても最終的には全員と合流することもできるそうです。
途中プレイキャラを変更し、その変更したキャラクターのストーリーで遊べるそうなので、どんな初期キャラクターを選んでも間違いはなさそうです。

因みに私は「盗賊」の「テリオン」を初めに選びました。
RPGでジョブで「盗賊」が選べる場合は必ず、「盗賊」を選ぶほど盗賊好きです。

冒頭のキャラクタ選択画面
冒頭のキャラクタ選択のワールドマップ画面で「テリオン」を選択した画面

オクトパストラベラーで主人公を選ぶポイント

1つ前の上記画像は主人公を選ぶ初期画面です。

8人それぞれに以下の情報が公開されています。

  • 地域
  • ビジュアル
  • 職業
  • 名前
  • フィールドアクション
  • 固有アクション
  • キャラクター紹介

この7つの情報を見比べてキャラクターを選ぶのも意外と楽しいですよ。
「いったい何がおきるのだろうか!?」ワクワクします。

さて、この7つの情報の中でオクトパストラベラーの特徴として、「フィールドアクション」「固有アクション」というモノがあります。

今回の体験版で遊べる範囲でも十分にこの「フィールドアクション」と「固有アクション」が活きてきますが、この2つについて後述します。

それでは早速、ゲームを開始してみましょう。

オクトパストラベラーはモブキャラもフルボイス?

冒頭画面
「・・・どうぞ」にボイスがついていて驚く

盗賊テリオンでゲームをスタートすると酒場からストーリーが始まります。

モブキャラであるはずの「酒場の店主」や「盗賊A, B(名前があったかもしれないけど)」のセリフに声がついていました。

ちょっと驚きです。

さすがに町の住人の全てがフルボイスではなさそうですが、ストーリー上絡んでくるほとんどの登場人物は声優さんが当てられているみたいですね。

オクトパストラベラーを始めて最初に驚くフィールド画面

フィールド画面例
クリフランド地方(ボルダフォールの町の中間層)
中心のキャラクターから前後に距離が離れている場所はぼかされている。
左右に動けば見える左右の壁も変化する。
一見するとドット絵だが街全体は完全に3Dマップになっている。

ゲームをスタートしてやっとキャラクターを動かして町中を歩き出したときの感想は「古臭い画面だ」と思いました。
でも、よく見ると「 3Dマップなのにドット絵だ!町の奥行き感を出すためのぼかし処理、キャラクターが動くたびに視点が変わるから町の壁が見えなくなる。やっぱり、3Dマップだ!」

僕にとっては斬新な画面でした。

オクトバストラベルの公式サイトでは「ドット絵の進化系 HD-2D 昔ながらのドット絵に3DCGの画面効果を加えた、幻想的な世界」と書いてありました。

納得できる説明でした。

オクトパストラベラーにおける「フィールドアクション」と「固有スキル」

公式サイトでも数々のブログの中でも紹介されていますが、ここでも簡単に触れておきますね。

  • フィールドアクション・・・町に住人に対しておこなえるプレイヤー専用アクション
  • 固有スキル・・・戦闘は冒険を有利に進めるためのプレイヤー独自のスキル

例えば、私が選んだ「盗賊 テリオン」の場合

  • フィールドアクション「盗む」・・・人々からアイテムを「盗む」ことができる。
  • 固有アクション「開錠」・・・各地に存在する、紫色の特別な「鍵付き宝箱」を開けることができる(他のジョブでは開けられない盗賊専用アクション)。
ステイタス画面例
盗賊テリオンのステータス画面下に注目「フィールドコマンド」と「固有スキル」が表示されています。

これまでのRPGの盗賊だと義賊のようなイメージがありましたが、住人に対して「盗む」コマンドを自由に選べる当たりは新しいですよね。
町の住人からアイテムを盗んだときは、ちょっと心が痛みました。
さすがにスラム街の貧しい住人に対して「盗む」コマンドを使うことは、良心が痛みすぎるのでできませんでした。
ただ、フィールドアクションや固有スキルはゲームを進めていく上で重要な意味が出てきます。
例えば、ゲームを進める上で普通では手に入らない特別なアイテムを盗み取りストーリーを進めるケースが出てきました。
もし、盗賊テリオンを選ばれましたらすぐその局面に立ち会うことになるでしょう。

オクトパストラベラーの特徴的なバトル

バトルはドラクエやペルソナと同じターン制になります。

戦闘開始画面例
戦闘画面です。「たたかう」「盗賊の技(ジョブによる)」「アイテム」「防御」「逃げる」からコマンドを選択できます。

パターン制になりますが、敵の弱点属性をつく攻撃を加えられれば BREAK が取れます。

敵の弱点(WEAK)属性の攻撃を当てればBREAKさせて、敵を行動停止・無防備状態で攻撃を与えられます。

BREAK は敵を無防備・行動停止状態にできるので、大ダメージを与えられるチャンスです

ブレイク例
戦闘中の敵がブレイクしているときの様子。星が飛んでいます。
Boot攻撃例
溜まったブーストポイントを使い Boot させることでブーストコマンドをうまく利用すれば、攻撃を×2にも×3, ×4 にもできます。
BREAK 後に Boot 攻撃させればより効果的に大ダメージを与えられます。

 

オクトパストラベラー体験版で遊べるのは各主人公の第1章まで(3時間以内)

1章が終わり、始まりの町を飛び出すとフィールドが広がっています。

時間内で遊べるところまで遊びたおせます。

次の町でパーティーを増やせます

アーフェン

次の町へ移動し、町の住人に順番に話しかけていると居ました、もう1人の主人公が。

私が出会ったのは薬師のアーフェンです。

パーティー追加イベント画面
仲間にするか聞かれるのでメニューで「はい」を選択すると、アーフェンのストーリーを体験することになります。
プレイヤーの切り替わり
プレイヤーがアーフェンに一時的に切り替わります

この後アーフェンのストーリーを進めてパーティーに引き込むことができました。

今度はアーフェンの道を進むことになりました。

いかがだったでしょうか「スクエニ新作RPG『オクトパストラベラー』switch版買っても損させないニューRPGでした」でした。

できるだけネタバレしないように「オクトパストラベラー」の紹介ブログ記事を書いてみました。
興味持っていただけたでしょうか。
体験版を3日前にダウンロードしたばかりですが、久しぶりにワクワクするゲームのような気がします。

予約し損ねたので明日、朝一で買いに行こうかと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

宮川(@miyakwa2449)でした。

それではまた〜♪