映画

1/12ページ

映画『Joker』感想・レビュー(英雄は正義でもあり、悪でもある。その二面性について)

  • 2019.10.09

映画『Joker』の評価レビューです。 本編に踏み込んだレビューを書いていますので、先入観を持たずに映画『Joker』を鑑賞されたい方は、次のページ「映画『Joker』を楽しむ上で事前に知っておきたい3つのポイント-主演ホアキン・フェニックス」にお進みください。 映画『Joker』の感想・レビュー 私刑。 差別。 階級。 貧困。 弱者。 これらをアーサー(ホアキン・フェニックス)の視点で伝えてくる […]

映画『Joker』を楽しむ上で事前に知っておきたい3つのポイント-主演ホアキン・フェニックス

  • 2019.10.05

本年、第76回ヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した『Joker』は日米同時に10月4日(金)に公開されました。 私も昨日(初日)に観てきました。 公開間もない作品なので詳細に感想やレビューを公開といった野暮なことはいたしません。 多くの人に先入観を持たず、観たままに感じて観て欲しいからです。 理由はとても素晴らしい作品だからです。 フラットな状態で楽しんでいただきたいが、それでも『バッ […]

映画『Joker(10/4公開)』の主演ホアキン・フェニックスの凄さが伝わる4つの映画

  • 2019.10.02

ホアキン・フェニックスは2019.10.4に日米同時公開される『Joker』に主演Joker役で出演します。 本年の第76回ヴェネチア国際映画祭では『Joker』が最高賞である金獅子賞を受賞しました。 作品が金獅子賞を受賞したためホアキン・フェニックス個人には賞を贈られませんでしたが、間違いなく主演男優賞だったでしょう。 ホアキン・フェニックスは大変優秀であり、評価に値する名優ですが、残念ながらア […]

映画「ゴールデン・リバー」感想・レビュー(殺し屋シスターズ兄弟たちが贈る大人のスタンド・バイ・ミー)

  • 2019.09.26

映画「ゴールデン・リバー」2019年7月5日国内随時公開。 この「ゴールデン・リバー」ですがとにかく贅沢で濃い映画です。 演技、映像とも1ミリもスキがありません。 ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス 、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドという超個性派俳優4人が映画の主軸をすすめます。 名優たちの芝居をまったり堪能することができます。 4人ともハリウッドを代表する大スター、オスカー級 […]

映画「HELLO WORLD(ハロー・ワールド)」感想・レビュー(「ハイスピードSF青春ラブストーリー」この一言につきます)

  • 2019.09.24

映画「HELLO WORLD(ハロー・ワールド)」の監督を務めた伊藤智彦監督。 伊藤智彦監督は「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(2017年)」で監督を務め、「サマーウォーズ(2009年)」や「時をかける少女(2006年)」では助監督を務めた方です。 伊藤智彦監督が関わった上記作品は、どれもSF要素の強いアニメーション作品であり話題作です。 今回の映画「HELLO WO […]

映画「アナベル 死霊博物館」感想・レビュー(新機軸の死霊館ユニバース。新しいヒロインが誕生!)

  • 2019.09.21

大人気『死霊館』ユニバース最新作の7作目「アナベル 死霊博物館」(『アナベル』シリーズ3作目)が9月20日いよいよ日本でも公開されました。 死霊館シリーズは「実話」をベースとした物語であり、「アナベル人形」も実在する人形である。 現在もアメリカ合衆国コネティカット州にある超常現象研究家ウォーレン夫妻の博物館に厳重に保管され、月に2回、神父による祈祷が行われている。 もし、過去作を観てないで興味があ […]

映画「バイオレンスボイジャー」(脳を揺さぶるバイオレンス怪奇SFの気味の悪い新映像体験!ゲキメーション)

  • 2019.09.17

金沢のシネモンド(香林坊東急スクエア.4F)で9月14日より、いよいよ映画「バイオレンスボイジャー」が公開されました。 「バイオレンスボイジャー」は世界の映画祭で話題になり国内外20以上の映画祭で公開され、世界でも高い評価を受けています。 この「バイオレンスボイジャー」の監督・脚本を務めたのは1986年生まれ京都出身の宇治茶監督(宇治市出身)です。 この映画の最大の特徴は「ゲキメーション」という手 […]

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」感想・レビュー(フィクションと実話殺人事件が絡み合う、歴史を変えたおとぎ話に)

  • 2019.09.01

クエンティン・タランティーノ監督の9作目の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(Once Upon a Time in Hollywood)」が2019年8月30日、日本で劇場公開されました。 わざわざ9作目と紹介したのには理由があり、クエンティン・タランティーノ監督は以前から、映画作りは10本でやめると宣言していました。 クエンティン・タランティーノ監督といえばバイオレンス映画のイ […]

映画「しあわせのかおり(2008)」感想・レビュー(忘れていた夢を思い出し、奮闘するシングルマザーのしあわせの物語)

  • 2019.08.30

私の地元、金沢市にある小さな港町、大野を舞台とした映画「しあわせのかおり」。 日本アカデミー女優の中谷美紀さんが主演をされた心温まるヒューマンドラマです。 舞台となる中華料理の「小上海飯店」は、「大野港食堂」として実在するお店です。 中国出身の料理人 王(藤竜也)と料理を習う弟子となる貴子(中谷美紀)のドラマがもちろんメインですが、作中で映る中華料理の数々も見せ場の1つです。 この映画を観ていると […]

映画「ライオン・キング(実写版・2019)」感想・レビュー(高い技術力とCGによる実写化によりトレードオフとなったもの)

  • 2019.08.29

映画「ライオン・キング(アニメーション・1994年)」を原作とした、実写版「ライオン・キング(2019)」。 実写版「ライオン・キング(2019)」はジョン・ファヴローが監督を務めます。   ジョン・ファヴロー監督は既にディズニー映画の「ジャングル・ブック(実写版・2016)」でアニメ映画作品のCGによる実写映画化の実績があります。 この作品ではすべての風景や場所、動物たちをCGで作成し […]

1 12