機械音痴でもわかる脱エクセルの理由!Googleスプレッドシートとの機能比較

機械音痴でもわかる脱エクセルの理由!Googleスプレッドシートとの機能比較

こんにちは宮川(@miyakawa2449)です。

Excel との付き合いも長いもので10年以上になります。

でも、Excel よりも Google スプレッドシートの方がすごく便利だと最近、思っています。

ガリガリマクロを組んである資産があるなら別ですが、そうでなければ一般的な業務はもう Excel やめて Google スプレッドシートを利用した方が効率的です。

そこで今日 2本目の記事は「機械音痴でもわかる脱エクセルの理由!Googleスプレッドシートとの機能比較」というタイトルにしました。

これを読んであなたも Google スプレッドシートをぜひお試しください。

ExcelとGoogleスプレッドの機能の比較11選

Excel Google スプレッドシート
費用 有料 Googleアカウントがあれば無料で使える
情報共有 メールやグループウェアで添付ファイルで共有。

時間が経つとファイルの場所が曖昧になり探すのが大変になり、バージョン比較が難しくなる。

ユニークなURLで常に最新の情報をシェアできる。

Google アカウントで結びついていればファイルの場所は一元管理されるのでファイルを見失うこともない。

プラットフォーム Windows, Mac などの編集ソフトがある。
Windows, Mac間でのファイル共有ではバグも多く使い物にならない。
Windows, Mac, Android, iOSを意識せずに情報共有できる
同時編集 「ブックの共有」機能を有効にする必要がある。
「ブックの共有」は他人の編集結果などを有効にするなどの設定が必要になる。
複数に同時ログインが標準機能であり、リアルタイム編集をしてもストレスフリーで利用できる。

ログイン中のユーザー名がリアルタイムで表示される。

ファイルの保存 新規保存、上書き保存、名前を付けて保存ができます。

クラッシュに備えてまめな上書き保存、バージョン管理に備えてファイル名を変更して保存します。

ファイルは自動保存です。

ファイル保存を意識する必要がありません。

突然クラッシュすることもありません。

学習コスト 旧バージョンから使っていれば学習コストはかからない。

※リボンインタフェースに馴染めないユーザもちらほらいる

Excelとほぼ使い方は変わりません。
学習コストもさほど気になるほどのモノではない。
オフライン作業 デスクトップ版が基本オフライン作業。
オンラインでの作業はできない。
設定すればオフライン作業も有効にできます。
アクセス権限 読取パスワード、書込パスワードなどによりアクセス制限は可能。
ただし、ユーザー単位での制限はかけられない。
ユーザーに応じて「編集者・コメント可・閲覧可」などの制限を行える。
ソフトウェアアップデート 都度必要なときに行う クラウドサービスにつき意識しなくてもよい
Excelとの親和性 バージョンさえ気をつければ特に問題ない Excelファイルの「読込・書出」両方に対応しています。
その他 グラフ機能・フィルター機能・印刷・関数・マクロなど グラフ機能・フィルター機能・印刷・関数・マクロなど

 

比較するとますます見えてくるGoogleスプレッドシートの優位性

上記、表にして Excel と Google スプレッドシートの機能を比較すると Google スプレッドシートの方が非常に作業効率が優れているように感じられます。

そもそも Excel も Google スプレッドシートも入力方法、操作方法はもちろんできることもほとんど差がありません。

Google スプレッドシートを1度作ってしまえば、自動バックアップにつき「上書き保存」する必要もなくなります。

Google スプレッドシートは Excel のように突然クラッシュすることも、保存できなくなる謎の症状に見舞われることもありません。

情報共有はユーザーの Google アカウントに依存されるのでファイルの場所を基本意識しなくてもよくなります。

ファイルの「保存場所を意識しなくてもよい」ということは、ファイルを探す煩雑さから解放されるため、よりビジネスに意識を集中できるようになります。

メールや Slack、 グループウェアなどのスレッド上で添付ファイルの場所が不明になるといったことも Google スプレッドシートを利用すれば防ぐことができます。

良いことだらけです。

以上のこのことから 「特にExcel でないと困る」という現状でないのであれば、Google スプレッドシートに移行し、脱Excel を促進していった方が明るい未来が見えていると思います。

ぜひ、脱Excel を考えられてはいかがでしょうか。

以上「機械音痴でもわかる脱エクセルの理由!Googleスプレッドシートとの機能比較」でした。

まだ、Google スプレッドシート自体を触ったことがないという人はぜひ、ここをクリックしてアクセスして初めてみてください。

Google スプレッドシート - オンラインでスプレッドシートを作成、編集できる無料サービス
Google スプレッドシート – オンラインでスプレッドシートを作成、編集できる無料サービス

最後まで読んでいただきありがとうございました。

宮川(@miyakawa2449)でした。

それではまた〜♪