WordPress脆弱性・改ざん対策 – 9.バックアップからの復元方法

WordPress脆弱性・改ざん対策 – 9.バックアップからの復元方法

▲10回シリーズの目次へ戻る

こんにちは宮川(@miyakawa2449)です。

10回に分けてWordPressの脆弱性・改ざん対策を記事にしています。

前回は「8.WordPress用途の異なる3種類のバックアップ」のお話でした。

今回はバックアップからWordPressを復元する方法です。

9.バックアップからの復元方法

■記事のみの復元

前回の記事「記事のみのバックアップ(エクスポート)」に対応した記事です。

「エクスポート」したxmlファイルは「インポート」機能を利用して記事の復元が可能です。

インポート
「ツール」-「インポート」を選択します。WordPressの「インポーターの実行」をクリックします。

 

アップロードします
エクスポートしたxmlファイルを選択して、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

 

 

■データーベースの復元

前回の記事「データベースのバックアップ(MySQLのバックアップ)」に対応した記事です。

phpMyAdmin を利用してMySQLのバックアップを取っていれば、インポート機能を利用するだけでデータベースを復元できます。
データベースが残されていれば、WordPress を完全に同じ状態に復元することが可能です。

インポート画面
バックアップしているファイルを選択して、「実行」をする。

■WordPressファイルの復元

前回の記事「ファイルのバックアップ」に対応した復元方法の記事です。

A. バックアップ済みのローカルファイルをアップロードしてWordPressを復元する場合
MySQLを復元済みの場合は、WordPressのシステムファイルを丸ごとサーバーにアップロードし、必要な設定を見直せばそのまま稼働できるはずです。

※wp-content ディレクトリー以下のファイルも同時に復元可能です。

B. WordPressのシステム自体は新しくインストールし直す場合
WordPressのシステムをインストールし直す場合は、「テーブル接頭辞」は同じ名前でインストール作業を行ってください。

その他セキュリティ対策
.htaccess、.htpasswd ファイルもバックアップから復元してください。
そのほかのセキュリティー対策も見落としが無いように気をつけましょう。
関連記事: WordPressのセキュリティで最低限必要な10のこと

■各種ファイルの復元(写真・テーマ・翻訳・プラグイン)

Webサーバーの「wp-content」ディレクトリー以下の復元が残っている場合は、以下のファイルをアップロードしてください。

  • languagesディレクトリー
    翻訳ファイル
  • pluginsディレクトリー
    利用していたプラグイン
  • themesディレクトリー
    利用しいたテーマファイル
  • uploadsディレクトリー
    過去にアップロードしていた画像ファイル

最後に

表示テスト、ログインテスト、ブログのアップロードテストなどを行い問題がなければ復元完了です。

もし、復元中にエラーが発生していれば原因を調べて対処などを行ってください。

以上、「WordPressのセキュリティ対策-バックアップからの復元」でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

宮川(@miyakawa2449)でした。

それではまた〜♪

▲10回シリーズの目次へ戻る