妖艶な美しさを持つケイト・ブランシェット

左 サンドラ・ブロック/右 ケイト・ブランシェット。オーシャンズ8パンフレットより。

こんにちは映画大好き宮川(@miyakawa2449)です。

オーシャンズ8を観てきました。

タイプの違う美女8人の出し惜しみしない美しさを前に、「ゴージャス」とはこういうことなのだと感じました。

ケイト・ブランシェットは、オーシャンズの中ではすごく男前なカッコいいポジションです。

個人的にケイト・ブランシェットを初めて認識したのはロード・オブ・ザ・リング(2001)のエルフの森の奥方ガラドリエル役でした。
オーラを前面に出し切った妖艶な美しさと、気品があふれる演技がいまでも忘れられません。

ロード・オブ・ザ・リングを演じる3年前には、エリザベス1世を演じています。
このときハリウッドデビュー2年目ということでしたが、見事に女王のオーラを放ち演じきっていました。

今回のオーシャンズ8での役どころは、デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)の信頼厚い完璧な右腕。
先の2つの役とは違いオーラを前面に押し出すキャラクターではありませんが、抜群の存在感です。

改めてケイト・ブランシェットの美しさとすごさを感じたので、数回に分けてこの記事を更新しつつ、ケイト・ブランシェットについて学んでいこうと思います。

ケイト・ブランシェットのプロフィール

  • 英語表記:Cate Blanchett
  • 本名:キャサリン・エリーズ・ブランシェット
  • 誕生日:1969年5月14日
  • 出身:オーストラリア・メルボルン出身

ケイト・ブランシェットの経歴

概要
1992年 オーストラリア国立演劇学院を卒業
1994年 「Police Rescue」で映画デビュー
1996年 「Paradise Road」でハリウッドデビュー
1998年 「エリザベス」でエリザベス1世を怪演
ゴールデングローブ賞 主演女優賞を受賞
英国アカデミー賞 主演女優賞を受賞
2001年 「ロード・オブ・ザ・リング」でガラドリエル役(森の奥方)
2004年 「アビエイター」でアメリカの大女優キャサリン・ヘプバーンを演じ、アカデミー賞助演女優賞を受賞
2006年 「アイム・ノット・ゼア」で第64回ヴェネツィア国際映画祭(女優賞)、第65回ゴールデングローブ賞(助演女優賞)など数多くの映画祭で賞を受賞
2013年 「ジャスミン」
ゴールデングローブ賞 主演女優賞を受賞
アカデミー主演女優賞を受賞
2018年 第71回 カンヌ国際映画祭 審査委員長を務める

 

ケイト・ブランシェット出演代表作品レビュー

レビュー記事の公開予定です。

  • エリザベス
  • アビエイター
  • アイム・ノット・ゼア
  • ジャスミン

※レビューの公開予定は予告なく変更される場合があります。

最後に

経歴を見るだけでもケイト・ブランシェットのすごさが伝わってきます。
これまで個人的に認識していたのはロード・オブ・ザ・リングだけでした。

近いうちに「エリザベス」「アビエイター」「アイム・ノット・ゼア」「ジャスミン」のレビューをこの記事に残していきたいと思います。

この記事は随時更新していきます。
ときどきのぞいていただけると幸いです。

以上、「妖艶な美しさを持つケイト・ブランシェット」でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

宮川(@miyakawa2449)でした。

それではまた〜♪

【ネタバレなし】オーシャンズ8、キレイでしたたかなお姉さんはお好きですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です