WordPress脆弱性・改ざん対策 – 6.MySQL の管理ツール phpMyAdmin をインストール

WordPress脆弱性・改ざん対策 – 6.MySQL の管理ツール phpMyAdmin をインストール

▲10回シリーズの目次へ戻る

こんにちは宮川(@miyakawa2449)です。

10回に分けてWordPressの脆弱性・改ざん対策を記事にしています。

前回は『5.「「.htaccessファイル」でWordPressを守る3種防衛設定』のお話でした。

今回はWordPressのデータベースを管理するためのツールの紹介です。

6.MySQL の管理ツール phpMyAdmin をインストール

phpMyAdmin

WordPressの情報を管理しているデータベースソフトMySQL。

そのMySQL上のデータを管理するツールがphpMyAdminです。

このphpMyAdminをWebサーバーにインストールして、いつでもMySQLを管理できるようにしておきましょう。

phpMyAdminはフリーウェアー

phpMyAdminはWordPressやMySQLと同じようにフリーウェアーです。

無料で使えるので安心してダウンロードしてお使いください。

phpMyAdminをここからダウンロード

phpMyAdminのインストール

phpMyAdminのインストールについては検索してご自身で対応してください。

WordPressをインストールした経験があればどなたでもインストールは可能なほど簡単です。

もし、あなたがレンタルサーバーを借りていらっしゃるなら、「phpmyadmin インストール レンタルサーバー」と3つのキーワードでググると、ちょうどいいサイトが見つかるかも知れません。

phpMyAdminのインストールにあたって必要な情報

  1. データベース名
  2. データベースユーザー名
  3. データベースパスワード
  4. ホスト名
  5. 文字コード(今時は UTF-8だと思いますが)

phpMyAdminの画面例

画面例
ログイン画面例です。
データーベース名などが表示されているため黒く塗りつぶしています。
post例
phpMyAdminを利用して、データーベース上のデータをプレビューしている画面例です。

この画面ではデータベース内にある12個のデーターテーブルのリストが左側にあります。

リスト内のpostテーブルのプレビューが右側に表示されています。

phpMyAdminは普段は触る必要はないと思いますが、定期的にMySQLのデータをphpMyAdminを使ってバックアップなどしてください。

以上、「WordPressのセキュリティ対策-データベース管理ソフトを用意せよ」でした。

WordPressのバックアップ方法については、8回目で説明します。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

宮川(@miyakawa2449)でした〜♪

▲10回シリーズの目次へ戻る