Apple Watchが起動しない・充電しない・再起動しない症状になったけど3日目の朝に新品無償交換品が届いた話

去年の7月に購入した Apple Watch が5月3日朝に壊れました。
そして、5月5日朝、交換品がAppleより到着して現在、普段通り Apple Watch を使っています。

Apple Watch がおかしくなって同じ症状でお困りの方に役立つように 「Apple Watch がおかしい?」「壊れた?」「私悪くないよね?」「何が起きてる?」という人のためにトラブルシューティングを簡単にここにまとめます。

流れとしては「Apple Watch が壊れた症状の整理」「対策」「問い合わせ」「解決」の流れになります。

【Apple Watch が壊れた症状の整理】

5月3日午前中 Apple Watch が起動できない症状が発生しました。

Apple Watch を振っても、Digital Crownやサイドボタンを押しても画面が暗いままでした。

毎晩充電して寝ているのですが、「充電器が外れてたのかな?」とまずは自分を疑いました(一晩充電忘れても普段は翌朝30%はバッテリーが残っているはずですが)。

検証するためもう一度ここで数時間充電器につなぎました。

しかし、起動しません。

充電器に繋いでも様子が変なのです。
本来なら充電器に繋いだ場合下の写真のような画面が出るはずですが、出なかったのです。

ここで始めて「Apple Watch の様子がおかしい」と機械を疑うことに。

ここで一通り検証して問題を整理すると次のようになりました。

  1. 充電しても充電開始の表示にならない。
  2. サイドボタン、Digital Crownを押しても画面表示しない。正常なら画面表示します。
  3. サイドボタンを長押ししても電源が入らない(起動しない)
  4. 電源コードに繋いでも充電されない(充電された表示や反応がない)
  5. 電源コードの接触不良も疑いましたが、コードを振ってもブツブツ切れるような様子もない
  6. 電源コードしっかりコンセントに繋がっていました

【対策】

次にすることは「強制的な再起動です」

Apple Watch の強制再起動は、Digital Crownとサイドボタンの同時押し10秒です。

それでも反応しませんでした、、、。

流石に打つ手なしです。

 

この時点で僕はサポートに連絡することに決めました。

明らかにApple Watch の不具合で起動ができない。

内部的な不具合である以上、修理もしくは交換が妥当だという結論に至りました。

そこで早速サポートに連絡することを選びました。

【お問い合わせ】

Appleサポートに連絡取るまでの流れ

Appleのサポートに連絡するために Apple Japan サイトにアクセスし、サイトを辿っていきました。

  1. Apple のサイトにアクセス


右上の「サポート」にアクセス

2. サポート

Apple Watchを選びます。
自分の診断に絶対の自信があれば、この画面の右上「お問い合わせ」をクリックし、ステップを3、4を飛ばしてステップ5 に進むこともできます(「Apple サポートに問い合わせる」へのリンクが「お問い合わせ」ページにあります)。しかしながら検証漏れしてる項目がないとも限りませんの一般の方は一通りサポートページにしたがって辿って行かれるといいと思います。

3. Apple Watch

「充電できない」をここで選びました。

4. Apple Watch が充電されない場合や電源が入らない場合


当ページの内容を一通り目をとおそましたが、どれも検証したものばかりで解決せず。
ページ下の「Apple サポートにお問い合わせください」をクリック。

5.Apple サポートにお問い合わせください


ここで「Apple Watch」を選択

6. Apple Watch

ここで「修理と物理的な損傷」を選択

7.修理と物理的な損傷

ここでは「期待通りに起動しない」を選択

8. どのサポート方法をご希望ですか。

ここでようやく「どのサポート方法をご希望ですか。」に到達しました。

  1. 電話サポート
  2. チャット
  3. 持ち込み修理

の3つの選択肢があったので、僕は最短で終わらせたかったので電話を選びました。

【解決】

サポートと電話

「電話サポート」を選ぶと、「電話番号入力欄」が出てくるので電話番号を入力。

この日は5月3日(木)憲法記念日でしたが、しばらくするとAppleサポートから電話がかかってきました。

そこで一部始終説明したところ、最終的には修理または交換できますということに落ち着いたので新品との交換でお願いしました(窓口担当者と、技術担当者と1度だけ電話担当者が代わりました。

もちろん、電話で一通りの本人確認や手続きの説明が行われるので電話は 20, 30分はかかります。
時間に余裕あるときにサポートにお問い合わせください。

また、交換による修理完了を申込む際にはクレジットカードが必要です。

これは無償保証外の故障(水没や、物理的に破壊されたApple Watch)の Apple Watch と交換した場合に Apple 側が交換品の代金を徴収するための与信に使われます。
ですので、偽って交換修理などはできませんので悪いことに使ってはいけませんよ。

支払い手続き

電話が終わる直前に手続きに利用しているメール宛に手続き処理の一連のメールが何通か届きます。

その中のメールの1通に手続きを完了させるためのメールが届きます。

このメールで交換品の与信のために一時的にクレジットカード決済を行います。

交換が正常に終了すれば請求はきませんのでメールの指示にしたがって決済処理をしました。

これをしないと交換品は発送されてきません。

翌日の夕方、発送のご案内

手続き処理をして翌日の夕方に「発送のご案内メール」が届きました。

2日目の朝、交換品の到着

5月3日にApple サポートに電話して2日目に交換品が到着しました。
古いApple Watch はヤマト運輸さんがその場で回収してくれるので、ベルトを外して本体だけお渡しして終了になりました。

ほんと、簡単でしたよ。

▼白い箱「WATCH」と書かれています。

 

▼中身は説明書と、保護されているAppe Watch 本体だけです。

▼この後、中に入っていた説明書にしたがってiPhoneとペアリングをして完了となりなす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です